COMMON MFG. | オリジナル家具とセレクトアイテム:高知

about furniture

Material
◎素材

“ずっと付き合っていける素材”

表情豊かな木目や色合い、やさしい触り心地、質感や雰囲気など、
言葉では表しきれないたくさんの魅力をもつ「木」で作った家具は、
時間と共にゆっくりと変化し、使い込むほどに味わいを増していきます。

コモンの家具は、ナラやブラックウォールナットなど、広葉樹の無垢材を使用しています。
無垢とは混ざり気のないという意味で、無垢材=合板などではない、天然の木材のことです。
テーブルなどの広い面は、この無垢材の板をはぎ合わせて作っています。 *一枚板ではありません。

木の素材を活かすデザイン・仕上げをしていますので、無垢材について知って頂き、永くご愛用いただければと思います。

◎主な使用樹種
ナラ
ナラ
Nara
ブラックウォールナット
ブラックウォールナット
Black Walnut
ブラックチェリー
ブラックチェリー
Black Cherry
メープル
メープル
Maple

*その他の樹種については、お問い合わせください。

◎無垢材の特性

・天然の木材は、木目や色味など、ひとつひとつに個性があります。

材によって、すっきりとした木目だったり、複雑な木目をしていたり、小さな節がはいっていることもあります。
材の組み合わせによっても、色々な表情が生まれるので、同じ素材・同じ仕上げであっても、ひとつとして同じものはできません。
その表情の豊かさが、無垢材の魅力のひとつだと思います。

・経年変化をする素材です。

樹種によって、色が濃くなったり、薄くなったりと、時間と共に色合いが変化していきます。
変化の仕方は、家具を置く環境や日頃のお手入れによっても変わってきます。
つきあい方が表情となり、使うほどに雰囲気が出る、無垢材ならではの経年変化を楽しむことができます。

・無垢材は温度や湿度によって伸縮します。

木の伸縮を考慮した構造で作っていますが、木にとって好ましくない環境でお使いになると、
反りや割れが発生することがあります。
*詳しくは【使用上の注意[設置場所について]】をご覧ください。

 

Making

◎作り

「ほぞ組み」や「組接ぎ」などの、木と木を組んでつくる伝統的な工法を基本にしつつ、
近年の住環境にも対応した新しい技法も取り入れるなど、必然性のある工法を選択し製作しています。
また、用途や目的に応じて、利便性の高い家具金物(スライドレール等)を使用するなどの
工夫もしています。

◎仕上げ

主に塗装は植物オイル、蜜蝋ワックスがベースの天然塗料を使用した、オイルフィニッシュという方法で仕上げています。

オイルフィニッシュは木の質感を生かすことのできる優れた塗装方法です。
オイルが導管に浸透し乾燥することにより導管を埋め、湿度の変化や汚れなどから木部を守ります。
オイルが木部に浸透するため濡れ色になり、木の自然な色を際立たせます。
表面に塗膜を作らず、木の呼吸を止めないので、限りなく自然に近い木の質感に仕上がります。

しかし、塗膜を作らない分、キズや汚れがつきやすい面もあります。
永くきれいにお使い頂くために、日常での汚れが気になる場合はオイルメンテナンスをする事をおすすめしています。
オイルメンテナンスを繰り返すうちに、色や艶に深みが出てきて味わいのある家具になっていきます。

 

Maintenance

◎日頃のお手入れ

オイルフィニッシュで仕上げた家具は水には強くありませんので、
普段のお手入れは主に乾拭きにしてください。
汚れがついた場合は硬くしぼった布巾で拭き、そのあとすぐに乾拭きしてください。
水分をたっぷり含んだ布巾で拭き続けると、木肌が乾燥し表面がカサカサになってしまいます。
木肌が乾燥するとツヤがなくなり、汚れもつきやすくなりますのでご注意ください。

中性洗剤や市販の家具クリーナーなどはご使用にならないでください。

◎オイルメンテナンス

オイルフィニッシュの家具にはオイルメンテナンスが必要です。
オイルメンテナンスとは、家具に専用のオイルやワックスを塗り込む作業で、
家具の表面をクリーニングする目的と木肌に油分を補給する目的を兼ねたお手入れ方法です。

ダイニングテーブルなどの使用頻度の高い家具は、1〜2年に一度を目安に、
表面のツヤが無くなってきたと感じたらメンテナンスをおこなってください。
*使用する環境や使い方にもよりますが、椅子やチェストといった
 水拭きによる乾燥が少ない家具は、定期的なメンテナンスをしなくても問題ありません。

詳しいメンテナンス方法については、お問い合わせください。

◎使用上の注意

・鉄製品(スプーン、フライパン等)を水に濡れたまま置いておくと、木材の成分と鉄分が反応し、黒く変色してしまいます。
・熱いものを直接置かないでください。シミやヤケになる場合があります。
・水分はすぐに拭き取ってください。長い時間濡れたままにすると、シミになります。

[設置場所について]
無垢材は温度や湿度によって伸縮します。木にとって好ましくない環境でお使いになると、
反りや割れの原因になりますので以下の点にご注意ください。
・直射日光を避けて設置してください。
・冷暖房器具から出る冷風、温風が直接あたらないように設置してください。
・ストーブやファンヒーターなどの暖房器具を近くに置いたりして、
 家具が常温よりも高い温度にならないよう、ご注意ください。