アウトドアブランド「Ocho Camp (オーチョキャンプ)」の取り扱いをはじめました。

「Ocho Camp」は、四国高知から骨太なキャンプ道具をリリースしているガレージブランドです。
日本の手仕事とメキシコの織物(タペテ)を掛け合わせた独特の世界観、何よりキャンパーとして徹底したこだわりが感じられるプロダクトが魅力です。

ご存知の方もいるかもしれませんが、2015年のブランド立ち上げから、COMMONは一部のプロダクトの設計に携わらせていただいています。テーブルやスツールなどの木製品については設計と製作を担当しています。クオリティはもちろん、修理やメンテナンスも楽しめる工夫を大事にしています。

現在 Ocho Camp は2周年、関東を中心としたアウトドアセレクトショップに取り扱ってもらうなど、感度の高いキャンパー達の注目を集めています。
骨太のキャンプのための「道具」、気になる方はぜひお店で手に取ってご覧ください。


写真上 TAPETE STOOL:35,000yen+tax
写真下 MEXICAN CLASSIC BLANKET:6,800yen+tax 他
http://ocho-camp.com